リホームロゴ

株式会社リホームRECRUIT SITE

NEWS & BLOG

Re:HOME RECRUITING LATEST NEWS

社屋の4F、屋根に一番近いところでなにやら毎日、15時過ぎになるとごそごそと音がする・・・ということで覗いてまいりました。

 

そこにいたのは・・・

 

ウッドブラインドなどなどの開発をしている西村さんでした。

西村さんはめっちゃ気さくな男性で、とても話しかけやすい♪ブログネタの第一号にインタビューさせてください!とお願いしたら軽く「いいっすよ~★」と言っていただけたのでいろいろ聞いてきました。

後で聞いたらふたご座と聞いてなるほどな~と思った私。(ふたご座さんはコミュニケーション上手なんですよ←いらない豆知識)

なにやら真剣に何かにペンキを塗っておりました。

ーそれはなんですか~?

西村『新開発のウッドブラインドに、な~んかもうひとつ足らんな~と思いまして、バランスにアクセントカラーを塗ってみてます』

ここで、塗ったり削ったりやすったりして、新しいカラーの製品を開発してるそうですよ。早速インタビュー。

ー西村さんがいままで開発した商品を教えてください。

西村『そっすね~、あ、そこにあるようなイームズチェアの脚。これ、輸入された時点で傷がはいっていたりするものが、けっこうあって。検品ではねちゃうんですけど、やっぱりちょっとした傷だけなんで惜しいな~と思いまして。色を塗ったりダメージ加工なんかを施して、アンティーク家具っぽくすることで、再度商品としてデビューしてもらいました』

ーおおー。

『今はブラインドのなかでもっと付加価値の高い商品は作れないかと、日々研究中です』

そう言った西村さんは、真剣ながらもとても楽しそう。午前中は出荷するブラインドを製造して、午後は新商品開発時間に当てているようですよ。

これからも西村さんの企画商品が楽しみです♪

はじめまして!リホーム採用担当の岡温子です。

私はこの6月から、完全在宅スタッフとしてリホームに勤務しています。

コロナ禍で働き方も多様化していますよね。

「自営型テレワーク」という言葉もあるように、今後在宅ワークは働き方の主流になっていくかもしれません。

今日は私の在宅ワーク体験談をお話ししようと思います。

ワークライフバランス

まず私が在宅ワークを選んだ理由は、「子育てと仕事を両立したかったから」です。

私は6歳、4歳、1歳の3人の子供がいて、今年の4月からパートが決まっていました。

ですがコロナ禍でその採用が一旦保留になってしまい、もう一度職探しをすることに。

コロナ休校の間子供たちと一緒にずーっと過ごした時間がとても楽しく、また、子供の成長を近くで見ることができた喜びが忘れられなかったので、在宅での仕事を探しはじめました。

リホームで働く理由

早速クラウドワークスに登録して、リホームの求人広告を見つけました。

たくさんの求人の中でリホームを選んだ理由は、

■私も夫も福井県出身で、地元の会社とご縁があったら嬉しいな、と思ったこと。

■現在自宅を建築中で窓周り商品(ブラインドやカーテン)を変えることで、家全体の雰囲気が大きく変わることを実感したこと。

■インテリアに対する興味がとても高まっていたこと。

この3点にご縁を感じ、応募させていただきました。

在宅勤務って実際どう?!

私の前職はフリーランスのフィットネスインストラクター(笑)

採用業務とは無縁でしたし、お客様と常に接する仕事だったので人と直接お会いすることがない完全在宅業務に対してはかなりの不安がありました。

実際仕事を始めてみると、先輩からの丁寧な引き継ぎやしっかりしたマニュアルもあり、始めての業務でも迷いなく進めることができています。

そして不安だった人間関係も、リホームのスタッフはみなさん本当にオープンマインドで明るく、Zoomやチャットを通じてのやりとりですが、距離を感じないコミュニケーションをとることができています。

会議等に参加しても明るく迎えてくださり、とても働きやすいです。

また、業務開始前にはWCM面談と言うものを通じて、自分のやりたいこと・できること・やるべきことを明確にして、仕事と自身の人生の目標をすり合わせていきます。

この面談を通じて業務を決定するので、毎日の仕事が自分の人生を豊かにすることと直結!

在宅で一人で働くのですが、この面談のおかげで目標が明確になり、やりがいとやる気を持続することができていますよ。

当初の理想であった「仕事と子育ての両立」も、皆さんの理解もあってとても上手くいっています。

会議中に子供が画面にお邪魔することもありますが、画面越しであやしてくださったり本当にありがたい環境です。

↑毎日の勤務の様子。娘が起きている時は膝の上で遊んでいることが多いです。

採用面接も子供をおんぶした状態で行わせていただいていますが、応募者の皆さんも温かく受け入れてくださっています。

逆に応募者さんの中にもお子さんと一緒に働きたい、と言う方がたくさんいらっしゃるので、私のおんぶ姿を見て「安心しました!」とおっしゃってくださる方もいらっしゃいました。

今後の目標と在宅仲間募集

今後の私の目標は、採用業務を通じて成長の止まらないチームづくり、組織づくりをすること。

社長やスタッフの皆さんと相談しながら、よりよい組織づくりに向けて在宅でも図々しく(笑)口を出していこうと思っています!

リホームでは引き続き在宅勤務スタッフを募集しています。

インテリアが大好き!

お子様と一緒に働きたい!

自分のスキルを存分に生かしたい!

そんなあなたからのご応募を心からお待ちしております。

クラウドワークス、Anotherworks、自社サイトから応募ができますので、興味をもたれた方はぜひお気軽にご応募ください。

採用面接でお会いできることを楽しみにしております。

 

「オシャレで高性能」なリホームの商品を、スタッフのアイデアを結集して、お客様にお届けしたい。

私、商品開発部 村上の願いです。

弊社のモニター制度を利用し、憧れのロールスクリーン・ダブルロールタイプを我が家に設置しました。商品はこちら。(スクロールしていくと「ダブルロールにアップグレードできます」でダブルロールタイプになります)

 

ダブルロールを選んだ理由は、

  • 窓の近くに大きな薪ストーブがあり、カーテンだと、生地がひらひらして火事が心配
  • ロールスクリーンであれば、生地が火気の周りへ飛ばない
  • ガラス窓の面積が大きく冬は冷たいので、ダブルロールなら2枚の布で断熱できる

この3点からです。

そしてなにより私の業務である商品開発は、

「より良い商品を開発し、お客様に提供させていただくこと」。

そのために実際に私自身が使ってみる。

また妻や子供が使っているところを観察し、感想を聞いて自身の仕事に活かすため、その素材として家で活用が大きそうなダブルロールスクリーンを選びました。

 

ダブルロール設置

さて、ダブルロールを設置するにあたり、まずは設置場所の窓枠の採寸です。

それから製作は製作部の東本君に依頼しました。

リホームのスタッフはランチタイムを一緒に過ごすなど、和気あいあい。

それが業務のほうにも活かされおり、それぞれの部署間の連携が取れています。

数日後

「村上さんダブルロールできました!」

製品はきれいに梱包されていました。

一生懸命製作する東本君の後ろ姿を見ていただけに、喜びもひとしおです(涙)

 

家に帰ってさっそく取り付けてみました。

リホームの窓回り商品の特徴は女性でも簡単に取り付けられるところです。

このダブルロールの取り付けも簡単でした。

 

ロール生地が採光生地と遮光生地の二つに分かれているので、取り付け時に持ち上げるときも軽かったです。

使用感

ダブルロールの良さは採光と遮光の2種類の生地で、自由な調光ができるところです。

写真上は採光生地です。目隠しをしつつ、家に光を取り込みます。

朝の木漏れ日が映って美しいです。

忙しい平日の朝は、私や子供は部屋のどこでも着替えてしまうので「目隠しできて明るい」はうれしい機能です。

次にこちらは遮光生地です。

テレビ鑑賞の時に画面に外の光が反射しません。

また遮光生地は豊富なカラーバリエーションの中から、お好みの色が選べるのも魅力の一つ。

私は【Mist】 を選びました。ナチュラルな感じの我が家にもよく合って、私も家族も喜んでいます。

外からの見た目もシンプルで気に入っています。

窓全体を2分割で設置しましたが、隙間にちょうどサッシの縦枠が来るので隙間から覗かれる心配もありません。

新たにわかった活用法

1.薪ストーブの薪搬入時に寒くない!

モニターとして、ダブルロール生活を送ることで、いろいろな活用法がわかってきました。

まず薪ストーブを使っている我が家では、外に積んである薪を搬入する仕事があります。

この時、掃き出し窓が全開では、外の冷たい風が家の中に吹き込んできます。

それを少しでも塞ぐために、ロールスクリーンを搬入作業の邪魔にならないところまで下げます。

これは上下に開閉するロールスクリーンならではの長所です。

(リホームの商品「キッチンワゴン」に薪を入れています)

 

2.チェーンクリップでコンパクトにまとめられる!

次に2分割の場合、掃き出し窓を全開放したときに、

真ん中に操作チェーンが垂れ下がって邪魔になるのではと心配していたのですが、

これは備え付けのチェーンクリップを活用することで、コンパクトにまとめられました。

さらに巻き上がったスクリーンの上にポンッ!

これでガーデンパーティーもオシャレに演出できます。

それから子どもたちが走り回ってもチェーンに引っかかる心配がありません。

 

ロールスクリーンをお使いの方、もしくはご検討のあなたも、チェーンクリップなどご活用いただけたらと思います。

ロールスクリーンはこちらのページからお選びください。「遮光」「採光」「デザインロールタイプ(遮光)」の3つです。

以降も、モニターを続けて気づいたことなどを社内で共有し、商品開発や改善、お客様のお問い合わせの対応に活かしたいと思っております。

今後ともよろしくお願いいたします!

マーケティング課の清水です。
今回リホームの商品のモニター使用をさせていただきました。

 

僕が今回選んだのは、フィンランドデザイナーがデザインしたパターンの「フィンランドスタイル」を採用したカーテンです。商品はこちら

フィンランドスタイルカーテンの魅力

まず、今回選んだポイントは

  • ひだ山がないことによるスッキリとしたルックス
  • 現地のデザイナーによるどこにもないオリジナルのデザイン

他にはない、この2つの魅力に特に惹かれました。

ミニマリストにオススメ!

また、今回カーテンにした理由は他にもあります。

自分のライフスタイルで一貫して採用している「ミニマリスト」な行動やスタイル。
「ミニマリスト」とは、自分にとって必要な最小限、最低限のもの、つまりミニマルなものだけで暮らす人のことです。

モノを減らして心の余裕を持つことが、今では当たり前のように提唱されています。本のテーマとして書かれていたり、あるいは「ミニマリストYouTuber」として活躍したりする方がいらっしゃいますね。

かくいう僕も日頃から、断捨離と掃除が趣味じゃないかと思うほど、持つものにはこだわりがあり、かつ好きなものしか手元におきません。

ミニマリストにうれしいスッキリスタイル

しかし、唯一、部屋のなかではカーテン周りがやたらともたもたしているのが悩み。スッキリさせたいけどなかなかいいように案が思い付かず、ちょっとしたストレスでした。

さて、そんな経緯から今回、シンプルでスッキリとした印象になるフィンランドスタイルカーテンを実
際に使用した感想を綴っていきます。

まず、元々あったカーテンはこんな感じ。

Before 以前つけていたカーテンです。

よくあるごくごく普通のカーテンで、カラーは僕の好きなブラックです。
従来のカーテンは見た目が重苦しい印象があります。

そして、フィンランドスタイルに付け替え完了。作業時間は、あっという間の5分でした!

After 新しくつけたフィンランドスタイルのカーテン

カーテンは元々レールがあればフックもついているし、特別なものがなくてもすぐに付け替えができます。

なによりモニター用にオーダーで作っていただきましたのでサイズもぴったり。
今回選んだのは「北欧デザイナーシリーズ」のラインナップのパターン柄、TIKUT5です。


北欧デザインの本場フィンランドのデザイナー、サンナがデザインした当店人気のデザインの1つ。

こちらのカラーは残念ながら人気につき入荷待ちですが、
同じデザインのTIKUT2とコットン生地はまだ少量在庫があるため、ご購入の際はぜひお早めにご注文ください。

サンナとは僕が昨年研修、撮影のために訪れたフィンランドで初めてお会いし、その時の思い出がこ
のパターンを見るたびに思い出します。

さて、TIKUT5は通常+1000円で仕様変更できる「フィンランドスタイル」が標準仕様になります。

もったりとしていた窓辺がスッキリとした印象に早変わりしました。
カーテンを閉じた時にも綺麗に閉じることができ、ひだ山がないことでここまでスッキリと変わるとは思いませんでした。

ここが良かったフィンランドスタイル

カーテンの前にはソファーがあり、ソファーの後ろのわずかな隙間にカーテンをくぐらせていたのですが、それはそれは見た目も不格好でなんだか暑苦しい印象がありました。

そして、フィンランドスタイルに付け替えれば、このわずかな隙間もスッキリとした印象に変わりました。

ここが惜しい…!

付属のフックです。ちょっとだけの高さ調整はできるのですが、従来のカチカチ調整できるアジャスターフックのように自由に調整はできないのが難点。
レールを隠したいなと思ってもそこはできませんでした。

それ以外は本当に満足で、おすすめできるカーテンだと思います。

ミニマリストの部屋に合うカーテン

今回カーテンを取り付けた自分の部屋をちょっとだけ紹介します。

テレビはなく、

・ギターなどの機材

・テーブル

・トラッシュボックス

・ソファー

・オーディオシステム

あるものはこれだけなんです。

これだけしか物がなくても、日々充実していて余裕のある暮らしができます。

そんなお部屋の大部分を占めるカーテンがシンプルになり、これまでよりミニマルな暮らしが楽しくなりそうです!

ぜひ、あなたもミニマルなライフスタイルをフィンランドスタイルのカーテンとともに送ってみませんか?

商品はこちらから。こちらのページからは、レースとセットでオーダーできます。

こちらもオススメ!キッチンワゴン

こちらはずっとほしくて昨年、ついに購入。クローゼットで使っています。

上着などは上にかけているものの、持っている服すべてをこれに収納しています。

自分の持つ服の量の基準は、このキッチンワゴンに収まるだけなのです…!

ぜひ、カーテンと合わせて、ミニマルなライフスタイルを送りたい方にキッチンワゴンもオススメします!!

 

 

弊社におきましては現在のところ、コロナウイルスの影響によります納期遅延、配送遅延等の業務上の影響は御座いませんのでご安心下さいませ。

今後、何かしらの影響が出ました際には迅速にご報告をさせて頂きます。

引き続き情報収集および適切なご案内に努めてまいりますので、
何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

不安な日々をお過ごしかと存じますが、1日も早い収束を心よりお祈り申し上げます。

 

 

こんにちは!Re:HOMEスタッフ川端です。

今回は、我が社のGM伊藤のインド出張のご報告です。

Re:HOMEの出張はフィンランドだけではありません!

インドにも取引先があるので、インド出張にも行っちゃいます。

 

インドって・・・??

弊社で扱っているカーテンやロールスクリーンには布が欠かせません。

インドと言えば布、布と言えばインド!と言われるくらいインドの布は世界的にも有名なのです。

素敵な布との出会いを求めて、布の宝庫インドへ出発!

日本から直行便も出ていて、大体10時間ほどのフライトです。・・・zzzZZ

10時間後、インドに到着。

暑い、そしてどこからともなくカレーの匂いがします。

そんな事は気にせず早速仕事。

 

取引がある生地工場を訪問。

生地工場での1枚。

こんな感じでデザインの版を作って・・・・

こんな感じで生地にデザインを落とし込んでいきます!

お客様に良いものをお届けする為に実際の工程を自分の目で見て、仕上がりの品質に問題が無いかを確認します!

 

実はこちらの柄、フィンランドのデザイナーさんがデザインした柄なのです。

 

デザイン【フィンランド】× 生地【インド】× 加工【日本】

3か国の共同製作品。世界を股にかけるカーテン・ロールスクリーンなのです!!

同じデザインでカーテン・ロールスクリーンのどちらも作ることが出来ます。

商品はこちらから購入可能です!

【フィンランドデザイン オーダーカーテン/ロールスクリーン】

https://www.rehome-japan.com/products/detail/195

https://www.rehome-japan.com/user_data/order_roll027

 

 

仕事の合間にちょっと観光も。

こちら【インディアゲートと伊藤と夕日】

定番のタージ・マハルはもちろんおさえてます!

 

現地で仲良くなったインド人の結婚式にもなぜか呼ばれ・・・・記念撮影(笑)

伊藤の浮いている感じが、これまたすごい。

 

余談ですが、インドの結婚式はほんとに凄いんです。

参加人数もざっと3000人~4000人以上、ほとんど関係無い人もなぜかお祝いしているという。。

インド人は気さくでフレンドリーで、すぐに仲良くなれます。明るい国民性なのでしょう。

 

という事で、Re:HOMEではインド好きな人も絶賛募集中です!

お客様に満足して頂ける様な商品を日々開発しております。

興味のある人は是非、ご連絡お待ちしております♪

 

 

楽しんで仕事ができる方、
一緒に働きましょう!

株式会社リホームに興味を持っていただき、
ありがとうございます。
あなたのご応募をお待ちしています。